会員登録でお得にお買い物!
2017年 08月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
今日
夏季休業日
2017年 09月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
メルマガ登録
店長日記 よくある質問
お荷物追跡
ゆうパック
クロネコヤマト

Kankan Flower Shopは様々なご用途のフラワーギフトをお届けしています。
誕生日の花 結婚祝いの花 結婚記念日 開店祝い 開業祝 開院祝 新築祝いの花 新築祝い 引っ越し祝い お供え お悔やみ お見舞い 快気祝い 母の日 父の日 敬老の日 クリスマス 就任祝いの花 退職祝 定年退職 歓送迎会 バレンタイン ホワイトデー 出産祝い 銀婚式 金婚式 節句 芸能人への花 入学 卒業

    

 

お花選びのヒント

お花を贈られる時、どんなお花を贈ればいいのかわからない。
そう思われている方はたくさんいらっしゃいます。
喜んでもらえるだろうか。失礼にならないだろうか。好みがわからないなど・・。
そんな時のために参考になればと思い当店からのヒントをお届けいたします。

花贈りは難しく考えず、気楽に一度贈られてはどうでしょうか?
多くのお客様が「贈ってよかった」「予想以上に喜ばれた」と言われます。


お花がきっと気持を伝えてくれるはずです。
アレンジメントと花束の違い
アレンジメントとは

バスケットなどの器にお花を活けたものです。
器の中に専用の吸水スポンジが入っていて、そこにお花を挿してアレンジしています。

お花が届いたらそのまま飾っていただけますので、お忙しい方やお花に不慣れな方でもお手間がなく、プロのアレンジメントを楽しんだいただけます。
花束とは

お花を束ねて、ペーパーとリボンで綺麗にラッピングしたものです。
お花が届いたら、ラッピングを外し花瓶に移して飾りますので、お花好きの方へのプレゼントには花束がお勧めです。

「花束贈呈」などで使用される通り、パーティなどの演出効果があります。
また抱えて持っていただけるので、持ち運びがしやすいのも特徴です。
お花の相場

お花のご予算は用途やお付き合いの度合いなどにより決定されるものですので、
一般的な相場というものはございません。
当店でもすべてのご用途で3,000円から30,000円までご利用がございますが、
参考までに当店での平均価格帯をご紹介いたします。

誕生日 7,000円〜10,000円
結婚記念日 5,000円〜8,000円
開店祝い 10,000円〜15,000円
その他お祝い 5,000円〜8,000円
お供え 5,000円〜8,000円
お見舞い 4,000円〜7,000円
法人様からのお花 10,000円〜15,000円
誕生花

お客様から時々「○○という花はありますか?」というお問い合わせいただきます。
たぶん誕生花を調べられてのことだと思いますが、花屋でも知らない名前をお聞きすることがございます。
一般に「誕生花」として紹介されているものは、ずいぶん昔に決められたもので、野に咲く山野草のようなものが多く掲載されていますので、ほとんどが花屋では取り扱わないお花となります。
誕生花はジャストの日にちではなく、今の時期の旬のお花ととらえ、その月のお花を贈られてはどうでしょう。

月の花 月の花
1月 チューリップ・ラナンキュラス 7月 トルコキキョウ・ユリ
2月 マーガレット・スイートピー 8月 アンスリウム・ヒマワリ
3月 ストック、アル.ストロメリア 9月 りんどう・ダリア
4月 デルフィニウム・かすみ草 10月 ガーベラ・カラー
5月 カーネーション・マトリカリア 11月 バラ・デンファレ
6月 スカビオサ・かすみ草 12月 グロリオサ・きく
お供え花の贈り方

訃報を受けたら・・

ご葬儀の場所にいち早くお花を届けたい場合、自宅以外の会場やお寺などで行われる場合は、
原則、会場が契約しているお花屋さんが用意されますので、直接会場に連絡し、
お花を手配してもらいましょう。

ご自宅でご葬儀をされる場合はご家族の方にお花の手配をお願いするか、とりあえず弔電でお気持ちを
伝え、後は一段落したころにお花を送られることをおすすめいたします。

ご葬儀の最中はバタバタと忙しくされていますので、段ボールに入ったお花が届いたりということは
ご家族様にとっても負担となる場合がございますので。

<贈る花>
ご葬儀の祭壇を見てもわかるとおり、バラや明るい色のお花で飾られることも珍しくなく、
本来、お供えのお花にタブーはございません。
ただし、受け取られる方のお気持ちやどなたにも失礼のないお花ということで、一般的には以下の
とおりとなります。

◆亡くなられて日が浅い場合は真っ白なお花を送ります。

◆四十九日を過ぎたら少しづつご家族様の心が癒されるようなやさしい色を混ぜても大丈夫です。

◆年数が経ちましたら、失礼のない程度に華やかさのあるお花を贈ります。

上記にこだわらず、故人の好きだったお花を贈られたりする場合もございます。

ページトップへページトップへ

Copyright (c) 2003 - 2014 Kankan Flower Shop all rights reserved.